Check !!

日東工業 高機能分震盤 レジリエンスで優秀賞

日東工業が進めているプロジェクト「高機能感震ブレーカー(地震・雷IoT)実証実験」が、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会主催の「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2017」の優秀賞を受賞した。

同賞は、全国各地で展開されている「レジリエンス(強靭化)」に関する先進的な活動を発掘、評価し、表彰している。

日東工業の同プロジェクトは、住宅用分電盤の中に組み込む感震ブレーカーと避雷器にセンサーを取り付け、あらゆるモノがネットにつながるIoT技術を使って地震と雷のデータをクラウドで蓄積・分析することにより、居住者に被害状況をメール通知したり、多数の住宅から集めたデータを防災に活用したりするシステムを実証するもの。

首都圏の住宅100軒程度に設置工事を進めており、データの取得を開始している。また、地震、建築、防災などの専門家9人で構成する第三者委員会を組織し、実験方法やデータの有効性を検証していく。

プロジェクトでは、どの家にも必ずある住宅用分電盤から情報を収集するため、普及が進めば、より高密度な地震観測網が構築でき、即時の被害把握、構造・地盤分析、建物の危険度・劣化判定などの防災・減災に活用することが期待できる。さらに、大地震後の電気火災防止に有効な感震ブレーカーと、雷による家電故障防止に有効な避雷器を備えることから、住宅の防災力も向上。

自然災害が各地で頻発する中、同社は配電盤のリーディングカンパニーとして、電気の安全・安心をはじめとしたレジリエンス社会の構築に貢献する取り組みを今後も推進していく予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG