産業革新機構 オスカーテクノロジーに出資 第4次産業革命自動並列化技術で加速

2017年3月29日

産業革新機構(東京都千代田区、勝又幹英代表取締役社長)は、ソフトウェアの並列化技術を提供するオスカーテクノロジー(東京都新宿区、小野隆彦代表取締役社長)への出資を決定した。また、既存株主であるデンソー、ウエルインベストメント、今回新たに経営共創基盤も同社への出資を決定している。 オスカーテクノロジーは早稲田大学で開発した逐次プログラムの自動並列化技術の商用化を目指して、2013年に設立されたベンチャー企業。 同社は単一コアで動作するプログラムを並列化することにより、処理速度の高速化、省電力化を実現する組み込み式の変換ソフトウェアを提供している。同社が提供するソフトウェアの最大の特徴は、独自のマ…