パナソニック 統合ライン管理システム開発 シーメンスと提携開発

2016年11月2日

  スマートファクトリーへ第一歩 パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 スマートファクトリーソリューション事業部は、プリント基板の実装工程についてシーメンスと連携し、他社の搬送・実装機械も含めた実装ライン全体の生産性を向上させる「統合ライン管理システム iLNB」を開発。26日から受注を開始し、3年間で100億円を見込む。 現在、電子機器製造業では嗜好の多様化や需要変動、製品サイクルの短期化などにより、少量多品種のマスカスタマイゼーションへの対応が必須となっている。その解決に向けて大きな障害となっているのが、製造工程のデジタル化。現在も属人的でアナログなアプロ…