不連続戦線に異状なし(54) 黒川想介

2016年10月5日

■第4次革命のものづくり 欠かせないメカ技術発展 1970年代に発表されたシニック理論によると、工業化社会の後には情報化社会がくる。そして最適化社会と続き次に自立社会がくると予想されていた。 昨年来、各種雑誌、新聞紙上をにぎわしているIoTやインダストリアルインターネット、あるいはものづくりにおけるインダストリー4.0などが機能する社会は、シニック理論による自立社会と言える。こうした社会の到来が日本で発表されたのは70年のシニック理論が最初であったようだ。 80年代に東京大学のプロジェクトチームが「どこでもコンピューター」という概念を提唱した。それがきっかけとなり、ユビキタスコンピューティング…