日東工業 小型動力分電盤を発売

2016年8月24日

日東工業は、従来品より約30%小型化され、省スペースに貢献できる協約形プラグイン小型動力分電盤「アイセーバコンパクト」を発売した。 近年、工場、事務所、店舗などでは、サービスの多様化や電源の大容量化により、負荷回路数が増加、分電盤が大型化し、設置スペースの確保が課題になっている。そこで、今回の製品では、長年変わることのなかった協約形3Pブレーカサイズの概念を一新、動力分電盤の大幅な小型化を図った。 従来の協約形3Pブレーカの横寸法75ミリが、3分の2の50ミリになり、2台分のスペースに3台入れることが可能、分電盤設置の省スペース化に役立つ。回路数増加にも対応する。 また、空いたスペースを活用し…