アクセンチュア 人と機械が連動した製造 5年間で25兆円投資を予測

2016年8月3日

アクセンチュアは、IoTやスマートファクトリーといった人と機械を連動させた製造体制(コネクテッド・インダストリアル・ワークフォース)に関する調査リポートを公開した。リポートでは、自動車メーカーや産業機器メーカーの94%が、コネクテッド・インダストリアル・ワークフォースの形成を自社のビジネス戦略の一環と捉え、今後5年間の投資額は自動車業界では1810億ユーロ(約21兆円)、産業機器業界では390億ユーロ(4.5兆円)に達すると予測している。 リポートでは、自動車メーカーや産業機器メーカーの9割以上がコネクテッド・インダストリアル・ワークフォースを重視して巨額の投資を検討し、そのインパクトの大きさ…