Check !!

フエニックス・コンタクト イーサネット延長中継装置 最大20キロまで通信可能 簡単・安価で再利用も

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区、青木良行代表取締役社長)は、イーサネットの通信ネットワークを最大20キロメートルまで延長できる中継装置「TCEXTENDERシリーズ」を販売開始した。

新製品は、従来100メートルであったイーサネットの伝送距離を、光ファイバーケーブルを敷設することなく20キロメートルまで簡単、かつ安価に延長できるもの。金属導線を使用するため、光ファイバーケーブルの延長に比べコスト削減が可能で、既存の導線を再利用できるとさらに利用効果が高められる。

また、SHDSL技術により、最大30Mbps(4線式)と15Mbps(2線式)で安定した通信が可能で、しかもわずらわしい設定なしのプラグ&プレイでリング構成による通信の冗長化が可能(型式2001、6004)。

さらに、警報接点、診断ログ機能、イベントログ、SNMP(マネージドタイプのみ)などの機能により、通信状態を確認可能。

そのほか、マネージドタイプには、組み込み式で交換可能なサージ保護機能「PLUGTRABPT-IQ」が付属している。

種類は、標準品のアンマネージドタイプ1機種、IP経由の設定、診断機能や交換可能なサージ保護機能がついたマネージドタイプ2機種が完備。

主な用途は、鉄道、道路、空港、プラントなどの長距離ネットワークの構築。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG