デジタル 産業用スイッチングハブ 30機種ラインアップ

デジタル(大阪市中央区、ジャンフランソワ・マソー代表取締役)は、ネットワークの信頼性を高める産業用スイッチングハブConneXIumシリーズを6月から一斉発売した。

同製品は産業の過酷な環境下での使用を想定したデザインで、イーサネットを活用する全ての生産現場で活躍、30機種以上の豊富なラインアップで、インフラなどの高度なネットワーク信頼性を求められる場所に適したマネージドスイッチ(4万3800円~)から、基本機能を備えたシンプル設計のアンマネージドスイッチ(1万5000円~)まで、ユーザーの用途に応じたスイッチングハブが選択できる。

電源やネットワークの冗長化を備える機種なら、24時間稼働のFAの現場でも安心して使用できる。全機種UL508適合、伝送時のノイズ環境対策として、光ファイバー対応機種の選定も可能で保護など級IP67対応機種の選定もできる。

よりセキュリティを高めたいユーザー向けに、あらかじめ設定したルールに基づいてネットワーク間の通信を制限するファイヤーウォールも用意している。同社によると、ConneXIumシリーズは生産現場におけるネットワークの信頼性を考え、電源とネットワークの二重化でシステムの信頼性向上をサポート、製品を通じ、安心かつ効率的なものづくりに貢献するとしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG