ジャパンユニックスとIPC はんだ付けセミナー盛況

ジャパンユニックス(東京都港区、河野正三社長)は3日、IPCとの共同セミナー「初めてのIPCスタンダード 製造業がグローバルで活躍するためのパスポート」を開催。満員となる80人が参加した。

セミナーでは電子部品の基板へのはんだ付けに関して、事例紹介を通じてIPC標準規格と活用方法を解説した。

はじめに「IPCとグローバルスタンダード」のテーマで同社経営企画部の河野友作経営企画グループ長が紹介。自社規格との併用、グローバル市場での強みを証明する仕方などを話した。次いでユーザー事例として、日本精工によるIPC導入事例を、同社自動車部品本部・設計品質管理部の武井利康氏が解説。ユーザーとして仕入れ先に対するIPC準拠の要求、IECとIPCの違い、なぜ同社がIPCを採用して活用しているかなどを講演した。最後に同社の若林敏夫テクニカルトレーナーが技術面を解説。IPC-A-610とJ-STD-001で求められるはんだ付基準などを紹介した。

参加者からは「実際にIPCを運用しているNSKの話はとても分かりやすくイメージが付いた」「各規格の関連と違い、IECとIPCの違いについて理解することができ、明確になった」「規制ではなく、標準というのは企業の責任となるというのは、とても納得できた」「自社規格の捉え方を再定義する良い機会だった」「弊社もグローバル化に向けてIPCを含めて取り組んでいきたい」などの意見が寄せられた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG