温度調節器特集 市場堅調 激化する海外販売 食品・包装関連など旺盛

2016年6月8日

■警報器、モジュール…用途別に対応 各社工夫凝らす制御方法 温度調節器(計)市場は、日本経済全体が停滞気味な中でも、堅調な動きを見せている。大きな市場である半導体・液晶製造装置向けはもちろん、食品、包装関連や新エネルギーの2次電池、ソーラーパネル関連が手堅い動きを見せている。その他、自動車やスマートフォンなどの生産拡大で成形機など、温度調節器(計)の主力市場の設備投資増が継続している。円安の効果もあり、日本メーカーの海外競争力も高くなって、中国や韓国などの海外メーカーに優位に立っているが、新興国も技術力、販売力を高めており、予断を許さない状況だ。 温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種セ…