第4次産業革命向け日独米ワークショップ開催 IoTのキーマンが登壇

2016年5月18日

「第4次産業革命に向けた日独米ワークショップ」が10日、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の主催で、横浜市港北区の同大日吉キャンパスで開催された。2014年にドイツ、15年にアメリカで行われたワークショップで、インダストリー4.0やIoTに注目している約300人が参加した。 冒頭、同大学院SDM研究科の白坂成功准教授があいさつし「また連休中に日独共同声明で第4次産業革命を日本とドイツで密に進めていくこととなった。インダストリー4.0、IIC、IVIなど実践的な内容が行われている。こうした場で進めていきたい」と話した。 午後に行われたスマートファクトリー スマートプロダクトワ…