「第15回国際バイオテクノロジー展(BIO tech 2016)」展示会まとめレポート プレゼント

2016年5月11日〜13日の3日間、東京ビッグサイトにて「第15回国際バイオテクノロジー展(BIO tech 2016)」が開催されました。同時開催の「医薬・診断薬 研究・開発展」とあわせて来場者は9335名、世界27か国から600社が出展し、賑わいを見せていました。

 

DSC02140

 

 

 

 

 

※詳しい展示内容やブースの様子はダウンロードしてご覧ください。ご入力いただいたメールアドレスに、ダウンロード用のURLを送付いたします。

[contact-form-7 id=”14968″ title=”「第15回国際バイオテクノロジー展(BIO tech 2016)」レポートプレゼント”]

 

今回の国際バイオテクノロジー展で設けられたゾーンは4つ。その中からいくつかをピックアップして、写真とともにご紹介します。

最も多くのブースが集まった「総合ゾーン」では、製薬・バイオテクノロジー・遺伝子などの研究現場で活躍するオートメーション機器を手がけるアジレント・テクノロジーや、電動ピペットやレオメーターを取り扱うエー・アンド・デイ、再生医療や抗体医薬品の研究・品質管理・製造で使用する機器を扱うベックマン・コールターなどが特に注目を集め、製品のデモや技術相談、商談で盛り上がっていました。

DSC02157 バージョン 2 バージョン 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「再生医療/幹細胞研究ゾーン」では、シスメックスが展示する微生物培養検出装置やエアーサンプラーが特に注目を集めていました。

DSC02147

 

 

 

 

 

 

「受託サービスゾーン」では、シスメックスとのコラボレーションによる抗原抗体作製の一環サービスなどを展示していたシグマアルドリッチジャパンが特に賑わっていました。

DSC02142

 

 

 

 

 

※詳しい展示内容やブースの様子はダウンロードしてご覧ください。ご入力いただいたメールアドレスに、ダウンロード用のURLを送付いたします。

[contact-form-7 id=”14968″ title=”「第15回国際バイオテクノロジー展(BIO tech 2016)」レポートプレゼント”]

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG