【インダストリー4.0】山田太郎の製造業は高度な情報産業だ!(6)

2016年2月24日

■日本とドイツで異なる解決策 今回の連載では、日本版Industry4.0は何を目指すべきなのかということと、また何を経営者は考えていかなければならないかについて触れてみたいと思う。私は、日本のIndustry4.0はドイツのそれとは違うものでなければならないと思っている。ギルドに代表される同業種の結びつきが強いドイツと、ケイレツに代表される、サプライチェーン上での企業間連携が強い日本では、その解決策もおのずと異なるものになる。 ドイツでは、中堅・中小企業の海外展開が古くから積極的に行われてきた。そのことで、hidden champion(隠れたグローバル・ニッチトップ企業)と呼ばれる企業群を…