モレックス 「グローバルプロバイダーへ変革」 リキー・コミーニ インダストリアルオートメーション ディレクター

2016年1月13日

2016年のFA需要は、世界的にいくぶん落ち着くものと考えている。 過去6カ月を見渡すと世界的なFAの成長にはやや鈍化が見られ、多くの企業では新たな自動化プロジェクトよりも、既存装置の改良や効率改善に注力することで、コスト削減と生産性の向上を図っている。 業界トレンドとしては、FA安全システムの見直しが挙げられる。これまで装置の機能安全の配線は、制御用ネットワークから分離されており、2倍の配線コストが発生していた。このため各メーカーは、機能安全と配線コスト削減を目指し、機能安全とネットワークの配線を統合する方法を模索している。 また日本の装置メーカーは世界をけん引するポジションにいるが、ポイン…