理光フロートテクノロジー 「三現主義で信頼される品質」 梅津卓式代表取締役社長

理光フロートテクノロジー 梅津 卓式代表取締役社長
理光フロートテクノロジー 梅津 卓式代表取締役社長
2015年度は自動車関連向けが好調で、前年比約15%の売り上げの伸びを示すことができそうだ。16年度も同様の成長を期待している。

特に近年はグローバル化が一層進み、国内・海外の境目がなくなってきていると感じている。海外市場へのさらなる注力と国内市場の開拓、それに伴う社内の意識改革を推進するために14年に行った「理光産業」から「理光フロートテクノロジー」への社名変更も着実に浸透してきた。

そのような環境の中で、顧客に採用され続けるためには、「納期」や「価格」も大切だが、「品質」がさらに重要になってくると考えており、信頼される品質づくりを徹底していきたい。具体的には、三現主義に基づき「現場」「現物」「現実」を徹底的に突き詰め、日常の品質を向上し、社内不良を低減することが挙げられる。

特に内部体制を強化し、社員が中心となって、やりがい、生きがい、喜びをもって仕事ができる環境を整えることで、ミス自体が発生しない職場を作ることが大切だと感じている。「諸行無常」という言葉があるとおり、常にたゆみない改善を続けていく。一見「品質向上」には直結しない話に聞こえるが、長い目でみると、安くて良い製品を提供していくために必要なことだと考えている。

特に当社は顧客の要望に合わせた製品開発を得意としており、本体の長さ、フロート数、フロートの大きさ、ターミナルボックス、フランジ仕様、側面取り付け型など、材質・構造・性能・コストなどの条件に合わせて特注対応に応え、業績を伸ばしてきた。人事体制や生産体制、設備投資などの効率化に継続的に取り組み、強みをさらに強化し、先進の素材・仕様開発技術、電子工学との融合技術で、あらゆる産業や社会発展に寄与し、これからも時代の要請に応え続けたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG