フエニックス・コンタクト 「端子台4.0の訴求に全力」 青木良行 代表取締役社長

フエニックス・コンタクト  青木 良行代表取締役社長
フエニックス・コンタクト
青木 良行代表取締役社長
2015年12月期の売り上げは、前年度を超え、過去最高を更新した。PV(ソーラー)、携帯基地局向けをはじめ、造船、工作機械、自動車、鉄道などを中心に伸長した。お客さまの数が増加していることで、地域的、市場的な偏りがなくなり、バランスの良い分布になってきている。

これも特約店がこの4、5年がんばって拡販してくれた成果といえる。今期も2桁増の計画でスタートしているが、「バリュープロモーション」「バリューネットワーク」の姿勢で特約店といっしょになった進化した付き合いをしながら、製品を売るのではなく「フエニックス・コンタクト」を売るような気持ちで、お客さまに当社製品が役立つことを伝えていきたい。

昨年のSCFで、丸端子・Y端子とプッシュイン式を融合したDINレール用のハイブリッド端子台「BTシリーズ」を発表した。日本市場で多く使用されているネジ式端子台に対し、欧州メーカーとして日本のユーザーに近づくことで、新たな展開を目指している。当社ではこれを「端子台4.0」として、日本市場向けに開発したが、世界で一番厳しい日本でこれが受け入れられれば、今後の成功事例として自信につながる。

これが端子台市場への一石として、今後大きな波にしていくためにも、ユーザーに製品をよく理解してもらい、「フエニックスのあれを持って来い」と言われるように成功させたい。また、日本で考案したPC端子台「SPTAF
1」をはじめ、産業用セキュリティ機器mGuard、電源、イーサネットスイッチ、避雷器、セーフティ機器、サーキットブレーカーなども注力する。

さらに、「イーラーニング」用の教材も充実させ、特約店営業社員などに活用していく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG