デンソーウェーブ コラボレーションロボット「COBOTTA(コボッタ)」を発表 A4スペースで協働

デンソーウェーブ COBOTTA(コボッタ)
デンソーウェーブ
COBOTTA(コボッタ)

デンソーウェーブは、コラボレーションロボット「COBOTTA(コボッタ)」を発表した。2016年末の発売を予定。

製品コンセプトは「人との協働」「簡単インテグレーション」「卓上アプリケーションに適した性能」。人ができない仕事をするのではなく、人と一緒にA4スペース程度で小物部品を扱う作業を想定している。コボッタの名称は「Collaboration」「Robot」「Technology for Arm」の意味を込めた造語。

製品特徴は大きく四つ。まず、協働ロボットとして必須の安全性については、挟みこまれてしまう部分や、鋭利な部分がない形状で本質的な安全を確保。全体が小型でもあるため、全部のモータ容量を足しても80Wに満たず、安全柵やライトカーテンなども不要。動作速度も250ミリメートル秒に抑え、安全速度以下で動作する。

また、卓上アプリケーションに適した「小型・軽量」も徹底追求。小型ブラシレスモータの採用や、ロボットコントローラを台座部分に内蔵。設置面積を従来品と比べ、86%も減少させることに成功している。重量も約3.8キロと軽量、専用スタンドにより、ボルト締めなしでも簡単に自立ができる。

さらに、簡単に扱えるように「簡単教示」にもこだわり、専用ペンダントなどではなく、実際にアームを持ちながら動作をすることで動きを覚える「ダイレクトティーチング機能」も装備。高度なエンジニアリング知識がなくとも導入できる。

プラットフォームもオープン。動作や安全にかかわるコア部分は非開示だが、ユーザーインターフェースや軌道計画に関連するアプリケーション部分は開示し、安全や性能を確保しながら、開発者が自由にバージョンアップできる仕様としている。タブレットで操作できるアプリも提供予定。

同社制御システム事業部長島良治事業部長は「三品(食品・薬品・化粧品)業界などにも採用されやすいものにしたい。今後も、自社はロボット本体のレベルアップに注力しながら、目となるカメラや触覚となる力覚センサなど、得意な製品・技術を持つ企業と連携していきたい」と述べた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG