パトライト積層情報表示灯「レボライトLA6」 見える化時代の情報表示

パトライトは、SCF2015に出展、積層情報表示灯「レボライト LA6」を中心にセンサ・HMI・監視カメラなど、さまざまな機器メーカーとの連携展示を実施する。

注目はレボライト。設備の異常を知らせる機器としてはもちろん、現場の見える化に貢献する「情報表示端末」としてさまざまな用途で採用が相次いでいる。

同製品は本体にCPUを搭載。外部制御プログラム不要で、最大21色の発光色と三つの動作モード・11音のブザー音を組み合わせ、「時間」「残量」「レベル」など、今までできなかった表現を実現。これまで生産現場で抱えていた機器の「サイクルタイム管理」や「非稼働時間の見える化」といった課題を、大規模な設備投資や難易度の高いエンジニアリングを必要とすることなく解決する。

具体的には生産現場にレボライトを設置。進捗に合わせ、全点灯からカウントダウンするように点灯段数を減少させ、作業残り時間を知らせることなどができる。もちろん色の変化と組み合わせ、視認性を高めることも可能。

他にも、IoT化に向けた課題である「装置のオンライン化」に最適なソリューション事例が提案される。

公式サイト>>> http://www.patlite.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG