ニチフ 圧接形中継コネクタ「セミ・シェップ」シリーズ 自動認識・計測器の接続に最適

ニチフが発売する、単一コネクタでオス・メス接続が可能な圧接形中継コネクタ「セミ・シェップ(SEMI
SHEP)」シリーズは配線作業性の高さで電気・電機技術者からの評価が極めて高い。

製造現場にもIoTの波が押し寄せ、電源線はもちろん、有線での通信線も現場に増え、接続のための工数削減は大きな課題となっている。さらに、多品種少量生産の工場が増え、現場のレイアウト変更に伴い各種電線の接続方法も変わることが多く、コネクタの選定もシステム構成の重要な要素になっている。

同社のセミ・シェップは、単一コネクタを上下180度回転させるだけで、オスとメスの接続が可能で在庫管理が容易。同製品のラインアップは、適合電線サイズがより線で0.08~0.5平方ミリ/AWG28 ~20。単線は径0.4~0.85ミリ。定格電流はAWG24使用時2A、同20が3A。

電線被覆むきが不要で、プライヤで簡単に接続できるため、配線工数の削減に寄与することはもちろん、現場での突然の作業にも容易に対応できる。RoHS対応で輸出時も安心して採用できる。

公式サイト>>> http://www.nichifu.co.jp

CALEXテクノロジー放射温度計

ロックウェルオートメーション

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る