IDEC 未来見据え新しい価値創造 「次世代のものづくり」に未来提案

151202IDEC_SCF2015ブースイメージ
IDEC SCF2015 ブースイメージ

IDECは、SCF2015に出展し、社会的潮流から「次世代のものづくり」に貢献する未来提案を行う。

同社はICTを活用した社会インフラが高度化する中、地球規模での大きな潮流(メガトレンド)を踏まえて「IoTと制御で実現する社会」と「次世代ものづくり」を舞台に未来を考え、ユーザーとつながり、新しい価値を創造している。また、さまざまな技術をつなげることで、ニーズに応える製品、ソリューションやサービスを提供し、次世代の産業と暮らしがより豊かになるために貢献している。

ブースでは、同社が長年培った技術を活用し「ものづくりのスマート化」「人とロボットの協調」「機械安全ソリューション」「植物工場をモデルとした“IoTと制御で実現する社会”」などを紹介する。

出展者セミナーも開催。3日午後3時30分からは西ホール4階、セミナー会場Dで「国際安全規格(ISO14119)の改定と対応について」、4日午後1時30分からはセミナー会場Eで「防爆国際規格の動向と防爆安全への取組み」をテーマに講演を行う。

公式サイト>>> http://jp.idec.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG