不連続戦線に異状なし 黒川想介(34)

2015年12月2日

「近頃の営業マンは現場に行かなくなった」などという声がよく聞こえてくる。 現場という概念は人によっても違うし、立場によってもさまざまである。顧客や見込み客を指して現場という場合もあるだろうし、顧客の中のそれぞれの部署を指す場合もある。立場によっては機械や機器を作っているメーカーを顧客と言って、機械や機器を使ってものづくりをする製造工場を現場と言っている場合もある。電気部品や機器商品を扱う営業マンが日頃、納期や価格、時々商品紹介をするために訪問活動をしているのは昔も今も変わりはない。 それなのに、近頃の営業マンは現場に行かなくなったという感覚が何となくあるのはなぜなのか。 顧客と営業の間には各種…