日本の産業用機械業界を襲うIndustrie4.0に向けた新たな試練 その1 SAPジャパンの超リアルタイムビジネスが変える常識 (2)

2015年11月18日

インダストリー4.0は、ドイツ政府が提唱している製造業高度化に向けたイニシアチブです。そこでは原料、部品、機器、プロセスなどの状況が常に把握でき、工場は無駄のない革新的な生産の場へと生まれ変わります。倉庫、物流、店舗、サービス事業者、顧客など、工場の外部とリアルタイムでつながり、製品開発やデリバリー、在庫調整、値付け、メンテナンスなど、ビジネスに関わるあらゆる要素に変化をもたらします。 インダストリー4.0では、各プロセスでリアルタイムに状況を把握し、計画からの乖離(かいり)や需要変動、市場の変化、顧客満足度などを、即座にフィードバックできます。その結果、市場の意向を反映した柔軟な製造システム…