国際ロボット展 12月2日から 過去最大規模で開催

2015年11月11日

「2015国際ロボット展」(主催=日本ロボット工業会、日刊工業新聞社)が12月2日から5日の4日間、東京ビッグサイトで開催される。21回目となる今回は、446社・団体、1882小間と過去最大規模になり、11万人を超える来場を予想している。

今回は「RT ロボットと共に作る未来」をテーマとし、前回13年を大きく上回る数の企業・団体が出展する。特に産業用ロボット関連は前回から413小間増加の1328小間となり、サービスロボットも同203小間増加の554小間となった。産業用ロボットメーカーによる実機を使った大規模な展示デモのほか、最新のサービスロボットや福祉・介護ロボット、災害対応ロボットなどが一堂に会する。

併催イベントでは2日に「ロボットサミット ロボット革命元年-ものづくりの未来を拓く-」が行われる。パネルディスカッションでは、川崎重工、ファナック、不二越、安川電機、ABB、KUKA Roboterのロボット事業トップと、ホンダエンジニアリングと富士通がユーザー代表として、ロボット活用の未来について意見を交わす。

このほか、NEDOのロボット事業を紹介する「NEDOロボットフォーラム2015」、人とロボットが共生する未来を探る「ユニバーサル未来社会推進フォーラム」、ロボット技術を農業に活用する「未来を創る農業ロボットフォーラム」、国内外の高校生が展示会場でロボットを学び、課題に沿って発表する「インターナショナルロボットハイスクール2015」といったイベントが行われる。

11月2日、開催を前に記者発表会を実施。2015国際ロボット展の稲葉善治運営委員長(ファナック社長)は「2月に内閣が発表したロボット新戦略で世界一のロボット利活用、拠点を目指し、業界全体が盛り上がっている。今回は過去最大規模で行われ、製造業はもちろん、サービスや応用システム、要素技術など最新の情報を発信していく」とあいさつ。さらに併催企画のNEDOロボットフォーラムや農業ロボコンについても説明した。