新電元工業と三菱電機 インバータシステム向けパワーモジュールで協力

2015年11月4日

産業用デバイス分野での企業間協力が広がっている。インバータシステム分野では、新電元工業が開発した「コンバータ・ブレーキ パワーモジュール」と、三菱電機が開発した「超小型DIPIPM Ver.6」が基板実装の高さなどをそろえることで、顧客の利便性向上に寄与する取り組みを行っている。 両製品を採用すると、たった二つのパワーモジュールでインバータシステムの主回路構成が可能になる。 また、両製品はプリント基板からの高さが共通なため、放熱フィンの設計・取り付けが容易になる。ディスクリート品で主回路を構成する従来の設計に比べ、実装面積、設計工数、生産性全てにおいてメリットが大きい。 新電元工業の発売するコ…