トーヨーカネツソリューションズ開発部 「ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト」採択 ピッキング自動化 異なるサイズ・形状も

2015年10月28日

ロボットの普及を加速するには、より実用的で具体的なロボットシステムの提供が必須。NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は8月、ユーザーニーズと市場化の出口を明確にしたロボット開発の支援に着手し、10のテーマに対し補助金の交付を決めた。その一つとして採択されたトーヨーカネツソリューションズ(東京都江東区東砂8-19-20、TEL03-5857-3126、柳川徹社長)は、どんな取り組みでロボット活用を進めているのか。開発部の篠原啓樹部長に話を聞いた。 -どのような作業に向けたロボット活用技術なのか? 当社は物流システムのスペシャリストとして、これまで多種多様な自動機、専用機で多くの作業工程…