電気制御機器 15年度上期出荷、前年比96% 過去最高へ下期に期待

2015年11月4日

電気制御機器の2015年度上期(4~9月)の出荷額が、前年同期比約140億円減少し、3266億円(前年同期比95.9%)となった。輸出は102.8%の1366億円とプラスになったものの、国内が91.4%の1901億円と落ち込み、前年同期を下回った。今年度、過去最高の7000億円台乗せの見通し達成へ、下期の更なる上乗せが必要になってくる。 日本電気制御機器工業会(NECA)がまとめた15年度上期の電気制御機器の出荷統計によると、上期の出荷額は当初の見通しから約214億円不足した。不足額は国内199億円、輸出15億円。 また、第2四半期(7~9月)だけでは前年同期比94.9%と、上期伸び率を1下回…