産業用機器 難易度高まる電源設計 IoT技術の普及で多機能化

2015年8月19日

IoT技術の普及により、産業用機器も通信機能の追加など多機能化がより進んでいる。これにより、高機能なCPUの搭載が進み、機器設計における電源設計の難易度が増している。 パワーマネジメントIC企業の米インターシルは、パワーマネジメントICを取り巻く環境と最新技術について資料を公開した。 まず、DSP、ASIC、FPGA、マイクロプロセッサといった各種集積回路で、電源から供給される入力電源レールの数が増加しており、産業機器をはじめとした製品設計時に電源設計の難易度が高まっている。特に、システムの電力と動作周波数に対する要求が高まるにつれ、インフラ/産業機器、FA機器は、ノイズや不測の事態に対する脆…