IoT 時代の制御システムのセキュリティ オープン化でリスク拡大 “多層防御”が大事に

2015年7月29日

製造業のIoT、オープン化が進むなか、懸念されるのが制御システムのセキュリティだ。外部からの攻撃で装置の誤作動や故障を引き起こす恐れがあり、対策は必須となっている。セキュリティソフトのトレンドマイクロ(東京都渋谷区代々木2-1-1、TEL03-5334-3600、エバ・チェン代表取締役社長兼CEO)の執行役員事業開発本部斧江章一本部長に、「IoT時代の制御システムのセキュリティとは?」について話を聞いた。 -制御システムのセキュリティについて。 斧江本部長 2010年に「スタックスネット」というウイルスにより、イランの核関連施設を狙った標的型攻撃が発生した。これをきっかけに制御システムを狙った…