NO IMAGE

堅調に拡大の温度調節器市場 半導体・液晶、包装、食品関連の好調を追い風に

温度調節器(計)市場は、産業界全体の好調な拡大を背景に、概ね堅調な伸長を見せている。とりわけ大きな需要先である半導体・液晶関連、包装関係、食品関係の拡大が続いており、これに2次電池などの新たな市場も生まれつつあり、活況に繋がっている。為替の円安基調で海外向けの販売も増加しており、利益拡大に繋がっている。製品は小型・短胴化、取り付けの工夫、視認性の向上などが進んでいる。中国など新興国メーカーも販売力を強めており、販売競争は一層激しくなっている。

■高機能で低コスト
温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を、あらかじめプログラムした設定値と比較し、その差を修正する信号をリレーやアクチュエータなどへ出力することで、対象物の温度や湿度を調節する制御機器・システムとして使用されている。

温度の調節は、製品品質に大きな影響を与える。中でも半導体や液晶パネル、小型成型部品などの製造では、温度制御が製品の歩留まり率に大きく影響する。また、食品では味覚を確保するため温度調整を微妙にコントロールすることで最適なおいしさを生み出す上からも重要となっている。現在の温度調節器(計)は、半導体技術を利用した電子式が主流で、高い温度精度ときめ細かな制御が可能になっている。半導体の量産化で高機能でありながら、価格はダウンしており、ユーザーも装置のコストを下げることを可能にしている。

温度調節器(計)の市場規模は、現在日本メーカーだけで360億~370億円と推定され、前年比5~6%増加している。小型機種の増加や量産化によるコストダウンで、台数ではもっと高い伸びになっているものと見られる。

中国や韓国メーカーも売り上げを伸ばしており、新興国を中心に競争が激化しているが、グローバル市場を見るとアジア市場で高い競争力を有している日本メーカーが強さを発揮している。推定シェアは50%前後で、グローバルの市場規模750億円前後の約半分を占めている。最近の円安基調は日本メーカーにとって海外販売を有利に展開することに繋がっており、シェア拡大が加速しそうだ。

温度調節器(計)市場は、国内外でスマートフォンやタブレットPC、自動車などの需要が拡大していることで、半導体・液晶、電子部品・機器の生産が増加、温度調節器(計)が必要な機械装置の需要増に繋がっている。円安基調が継続していることもあり、輸出競争力が高まる一方で、国内の製造業も生産の回復に波及している。

■PV関連需要が継続
国内では、PV(ソーラ発電)パネルの生産が一時に比べると落ちているものの、依然PV関連需要は継続しており、温度調節器(計)にもプラス効果をもたらしている。

さらに、電池関連も2次電池に対する需要が拡大傾向となっており、温度調節器(計)市場の新たな分野として期待されている。

温度調節器(計)のもう一つの大きな市場である食品機械、包装関連も堅調だ。他の市場に比べ大きな変動がなく安定した動きが継続しているため、温度調節器(計)メーカーにとっても重要市場と位置づけているところが多い。日本の食品機械、包装関連メーカーはまだ国内市場中心に販売しているところが多く、海外市場は未開拓となっている。特に食品機械の海外輸出比率はまだ10%前後と他の業種に比べ低く、今後海外市場開拓の余地を大きく残している。

最近の温度調節器(計)の製品傾向は、高速・高機能化が一段落し、軽薄短小化、視認性や操作性の向上、ネットワーク化対応などが開発のポイントになっている。外形寸法は、DINサイズを基本に96ミリ角から48×24ミリなど、搭載機器・装置に合わせて選択されている。小型・薄型化傾向もほぼ終息しつつあり、薄型(短胴)化については、最近は60ミリ前後の製品が増えており、機器の省スペース化に貢献している。

視認性では、文字が遠くからでもハッキリ確認できるように10ミリ前後の大型化傾向が目立つ。文字色も赤、緑、白などを使い分けている。制御の状態を、測定値表示部の色変化をさせることで一目で分かるようにしている機種もある。

表示素子はLEDとLCD(液晶)表示が多いが、LCDはグラフやアルファベット表示機能、制御設定値やパラメータ設定、出力値アナログバー、偏差値トレンド記録表示、偏差アナログバー表示、5桁3段表示など、情報量の増大にも対応できる。機能的にもかなり高いレベルに達しており、温度調節器(計)メーカー各社とも、独自のアルゴリズム技術をアピールしている。

例えば「RSS(ランプ・ソーク・スタビライザー)機能」は、ランプ制御開始時の追従性向上とソーク制御移行時のオーバーシュート抑制を同時に行うことで、プログラムの制御性を一段と向上させている。また、植物のザゼンソウが有するフィードバック形発熱制御の特性などを応用し、省エネ化につながる制御アルゴリズムも開発されている。

温度調節器(計)にラダーシーケンス制御機能を内蔵している機種では、タイマーやリレーなどの動作を温度調節器(計)のラダープログラムで実現でき、機器や配線工数の削減に加え、スペースの削減にもつながる。

操作性では、操作するスイッチを4方向で指示してくれる案内機能を装備したものや、ファンクションスイッチによく使用する機能やパラメータ設定画面を割り付けることで、呼び出しがワンタッチで行えるスイッチを装備した製品も販売されている。

■ネットワークの利用も
このところ、節電・省エネ対応が各方面で求められているが、温度調節器(計)をよく使用する工業炉や食品機械などでは、遠隔監視、銘柄監視、予熱管理、待機電力削減などの対策から通信ネットワークの利用が増えている。

プロフィバス、デバイスネット、CC―Link、Modbusなどの通信プロトコルとプログラムレスでPLCなどと簡単に接続できることで、オープンなネットワーク環境で、温度調節器(計)間の通信や協調運転などが容易に実現できる。最適なタイミングでの温度調節が可能となり、余分な電力消費などを防ぐ取り組みが行われているが、こうした動きをさらに加速させることにつながる。

PLCなど他の機器と盤内に取り付け使用されることを考慮して、表示機能を省いた機種も販売されている。DINレールへの取り付けを可能にしており、他の機器と一体で収納できる。

フィールドバスは、省エネ対策にも貢献するとして注目されている。夜間や昼間など、機械・装置が休んでいる時の待機電力の削減にも効果が期待できるからだ。さらに、赤外線通信で簡単にセットアップでき、各種パラメータの読み書きやCAV形式でファイルの保存などが可能なタイプや、光通信タイプ、温調ボードとシーケンス制御・プロセス制御を組み合わせたシステムボードなどもあり、温度調節器(計)のパラメータ設定や管理などをパソコンで行うことも一般化している。

■サポートソフトが充実
サポートソフトウェアの充実が進んでいる。保守作業の簡略化のために、長寿命のリレー出力により、メンテナンスサイクルの長期化や、予防保全をサポートする制御出力のON/OFF回数のカウント機能などを備えている。

温度調節器(計)の選定を容易にするために、アプリケーションの違いで入力センサが異なる場合でも対応が容易なマルチ入力機能や、各国の船舶規格に対応するなどグローバルなサポートサービス体制の強化などが挙げられる。

また、熱電対や測温抵抗体などのセンサからマルチ入力による温度制御も増加しており、入力種別によるマルチ化が進んでいる。直流電圧・電流にも対応でき、湿度や圧力のアナログ量の制御を始め、ヒータ断線検知・警報機能、多点制御、カスケード制御、比例制御などが可能で、市場拡大につながっている。

温度調節器(計)各社は、機能の絞り込みや用途別対応などを差別化戦略のひとつとして打ち出している。サポート体制の充実と合わせ、今後は海外市場の開拓がポイントとなってきそうだ。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG