Check !!

オリエンタルモーター スピードコントロールモーターユニット「US2シリーズ」を発売 制御回路をデジタル化

オリエンタルモーター(東京都台東区東上野4―8―1、TEL03―6744―0411、野村重幸社長)は、スピードコントロールモーターユニット「US2シリーズ」を4月6日に発売した。 新製品は、簡単に速度制御ができる「USシリーズ」の良さを継承しつつ、機能・性能・価格とも大きく見直したフルモデルチェンジ製品。今後、国内だけではなく、アジア・欧米を含めたグローバルな展開を予定している。 特徴としては、制御回路をデジタル化することにより、小型化と低価格、使いやすさを両立していることが挙げられる。まず、スピードを設定するコントローラにデジタル表示パネルと設定ダイヤルを搭載し、直感的な操作を実現。同時に接続のコネクタ化や進相コンデンサを内蔵することで、接続工数も削減できる。 さらに速度変動率は、従来品マイナス5%だったところが、プラスマイナス1%(参考値)と大幅に向上し、負荷変動に強くなった。モーター自体も許容トルク・強度共に優れたKⅡシリーズのモーターとギヤヘッドを採用している。 ラインアップは「直行軸ギヤードタイプ(25W~90W)」「並行軸コンビタイプ(6W~90W)」「丸シャフト(6W~90W)」を用意。3年後の売上げ目標は、3000台/月。速度制御が必要な搬送用途などを市場として想定している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG