灯台

日本政府は「日本再興戦略」のなかで、「ロボット革命」によるロボット技術の活用を通じて社会を豊かにしていく方針を決定した。国家の一大プロジェクトとしてロボット産業が明文化されたことは大きな一歩だ▼とはいえ、実現までのハードルはとても高い。あるロボットメーカの社長曰く「技術的には何の問題もない。世間で言われているようなことはすべて実現できる。しかし、問題はロボットを取り巻く”規制”だ。これさえクリアできればロボット産業は急速に拡大していく」と指摘する。具体的な規制とは、例えば道路交通法や航空法における移動型ロボットの取り扱い方、ロボットの遠隔操作や制御に使う電波帯域をどうするかといった電波法との兼ね合いなどだ。現行の法律は、ロボットがいま以上に生活に入り込むことを想定しておらず、それがロボット普及の妨げになっているという意見が多い▼これから規制の見直しを進めるに当たり、忘れてはいけないことがある。日本のロボット技術とサービスを海外市場に向けた輸出産業に育てる視点だ。世界が憧れ、真似をし、世界で採用されるようなロボットの利活用社会にならなければ”ガラパゴス”と揶揄された携帯電話の二の舞いになりかねない。日本社会、製造業復活のカギはロボットが握っている。必ず成功させなければならない。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG