松久 基本性能にこだわり開発 高い接触信頼性誇る

松久は、日本国内で初めてディップスイッチを開発したメーカーとして、市場から厚い信頼を得ている。ラインアップも豊富で、最適な機種選定ができる。ピアノタイプDPS、トグルタイプDESシリーズをはじめ表面実装、ハーフピッチ、スライド、ロータリータイプなど各シリーズともに充実している。

豊富な製品群は国内生産を主体にしているため、品質、サービス面などで安心して採用でき、設計者はもちろん、購買担当者の評価も高い。

同社のディップスイッチは基本性能にこだわりをもって開発・製造されているため、クリック感、操作性に対しての信頼感が非常に高い。また、20年使用しても問題がないほど高い接触信頼性を誇っている。RoHS対応のため、欧州向けなどの輸出製品にも安心して採用できる。

DPSシリーズは、挿入実装タイプのピアノ型ディップスイッチで、端子ピッチは2・54ミリ。

DESシリーズは、挿入実装タイプのトグル型。端子のピッチは2・54ミリ。

いずれも、接点部および端子部に金メッキを使用することで安定した品質を確保。ポッティングなどにより、十分な高さが必要な場合にも対応が可能。

公式Web : http://matsukyu.co.jp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG