松久 基本性能にこだわり開発 高い接触信頼性誇る

2015年2月18日

松久は、日本国内で初めてディップスイッチを開発したメーカーとして、市場から厚い信頼を得ている。ラインアップも豊富で、最適な機種選定ができる。ピアノタイプDPS、トグルタイプDESシリーズをはじめ表面実装、ハーフピッチ、スライド、ロータリータイプなど各シリーズともに充実している。 豊富な製品群は国内生産を主体にしているため、品質、サービス面などで安心して採用でき、設計者はもちろん、購買担当者の評価も高い。 同社のディップスイッチは基本性能にこだわりをもって開発・製造されているため、クリック感、操作性に対しての信頼感が非常に高い。また、20年使用しても問題がないほど高い接触信頼性を誇っている。Ro…