日東工業 感震リレー付きホーム分電盤発売 震度5強でブレーカー遮断

【名古屋】日東工業は、地震による電気火災防止に役立つ「感震リレー付きホーム分電盤」を発売した。

阪神・淡路大震災の火災において、判明した出火原因は、停電から復電時に起きる復電火災が多かった。今後、南関東地域でM7クラスの地震が発生する確率は30年以内に70%と推定されており、地震火災の発生を防止するために、感震ブレーカの設置が必要となっている。

新製品は、震度5強相当の地震波を感知すると、3分間電源ランプが点滅した後、主幹ブレーカを自動遮断する。また、地震波感知から3分の間に停電が発生すると、復電時に主幹ブレーカを自動遮断、停電後8秒以内に地震波を感知すると、復電時に主幹ブレーカを自動遮断し、地震発生時の火災対策と復電火災防止対策に役立つ。

ホーム分電盤プチパネルの分岐ブレーカは、コード短絡保護用瞬時機能付きで、電気製品のコード短絡による火災発生の防止に有効。分岐ブレーカは、幅18ミリのプチスリムタイプを搭載。定格遮断容量は2・5kA。

感震リレー(感震ブレーカ)は、(1)地震波を感知すると点滅する電源ランプ(2)地震波感知から主幹ブレーカが自動遮断するまでの間にリセットボタンを押すと、電源ランプの点滅が停止し、初期状態に戻るリセット機能(3)テストボタンを押すと、6秒間電源ランプが点滅した後、主幹ブレーカを自動遮断するテスト機能―などの特徴がある。

ドア付き、ドアなし、リミッタスペース付き、リミッタスペースなしの各タイプ、主幹容量の異なるタイプなど各種を用意している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG