ドイツ・スマートファクトリーKL会長 「インダストリー4.0」で会見 日独連携で競争力を高める

2014年11月19日

いま製造業で第4次産業革命として「Industry(インダストリー)4・0」の構想が注目を集めている。ドイツ発の新しいものづくり提案として日本でも関心が高まっているが、このほどドイツからインダストリー4・0プロジェクトの技術イニシアチブで、スマートファクトリーKLの会長デトレフ・チュールケ氏が来日して記者会見した。 ■インダストリー4・0で、ドイツが日本企業に期待することは。 チュールケ氏 生産の自動化技術では、ドイツと日本は同じレベルで競いながら過去90年間続いてきた。そして、いまは両国の企業が双方の国で販売している。現在は自動化技術が新しい時代に入ろうとしている。それがインダストリー4・0…