スワロー電機 機能・安全性・使い易さを追求したトランス 配線工数を約1/5に削減

スワロー電機の「機能」「安全性」「使いやすさ」にこだわったトランスが好評だ。

今回、端子台を自社開発のカラータイプに変更した大型トランスを発売。150A、200A、300Aタイプをラインアップに加え、誤配線の防止に寄与する。また、LEDを搭載し、通電状態がわかるトランスも用意、これらの機能で安全性を一層高めることができる。

さらに、業界初のねじアップ式端子台を備えたトランスは、保護カバーやねじの取り外し、差し込みの必要がない。結果、従来と比べて配線工数を約1/5と大幅に削減できるため、設計者はもちろん、現場で配線作業を行う際にも使いやすさで高い評価を得ている。

機能も充実しており、中型単相/三相トランスにおいて、独自開発の成形ボビンを採用した新型トランスを好評発売中。
独自に開発した成形ボビンを採用することで、層間紙を入れずに完全整列巻線が可能となった。これにより、導体熱が直接伝わり放熱効果が向上するとともに、大幅な小型・軽量化を実現した。

しかも、コイルの上下面の線輪間を完全に覆う形状で、ホコリやごみ、湿気などからコイルを守り絶縁不良の事故を防ぐ。

Web : http://www.swallow.co.jp

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る