製造現場にも広がるIoT構想 2020年に630兆円越えの市場規模予測も

あらゆるものをインターネットにつなぐIoT(Internet of Things)の構想が製造現場にも広がりつつある。2020年までに1000億個の物と物との相互接続が実現し、その市場規模は631兆円に達するという調査も出ている。同時に、国際的なIoTの普及推進団体もいくつか設立されつつあり、今後新たなビジネス創出に向けて取り組みを強めている。

IoTの概念は1999年頃に提唱されたと言われている。今までインターネットには接続されていなかった物が接続されることで、新たなビッグデータの世界が生まれた。スマートフォンやタブレットパソコン普及が、この動きに拍車をかけている。

工場の生産工程で発生するデータも、近年は容量、多様性、速度などが急速に増大化傾向を見せている。このデータを分析することにより、競合や市場の動向、コスト分析、生産性の向上などを検討することができる。

■新たな価値創出
工場では、機械や装置、部品、製品ごとに大量のデータが生まれているが、これを保存し、分析・活用することで、大きなコスト削減とともに新たな価値創出につながってくる。

こうした動きを背景にして、IoTの普及推進団体がいくつか結成され始めている。

インテルやサムスン、デル、ウインドリバーなどが中心となって「Open
Interconnect
Consortium」(OIC)が、また、パナソニック、ソニー、シャープ、マイクロソフト、LGなど約60社が参加して「AllSeen
Alliance」が結成されている。

さらに、「Industrial Internet Consortium」(IIC)には、AT&T、シスコシステムズ、IBM、GE、インテルが、「Thread Group」には、家庭内の機器に主眼を置いた取り組みを行うARM、フリースケールなどが参加している。

そのほか、「Internet of Things Consortium」には、IoT技術に関わる企業が複数加盟して活動するなど、IoTの団体が乱立している。

OICとAllSeenは、こうした様々な種類の接続や言語の橋渡しとなる規格を開発し、機器間の通信を向上させることを目指し、Threadは、無線ネットワークのプロトコルとして、IoTという極めて大きな概念の取り組みを効率化し、改良することを狙っている。本質的に機器が違えばやりとりする言語も異なり、Wi―FiやBluetoothなど、接続に使用するシステムでも対応が求められる。

AllSeenとOICはいずれも、こうした様々な種類の接続や言語の橋渡しとなる規格を開発し、機器間の通信を向上させることを目指しているとも言われる。

インターネットが社会全体に定着しつつある時だけに、これらの動向は今後の製造現場にも大きな影響を与えそうだ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG