製造現場にも広がるIoT構想 2020年に630兆円越えの市場規模予測も

2014年10月22日

あらゆるものをインターネットにつなぐIoT(Internet of Things)の構想が製造現場にも広がりつつある。2020年までに1000億個の物と物との相互接続が実現し、その市場規模は631兆円に達するという調査も出ている。同時に、国際的なIoTの普及推進団体もいくつか設立されつつあり、今後新たなビジネス創出に向けて取り組みを強めている。 IoTの概念は1999年頃に提唱されたと言われている。今までインターネットには接続されていなかった物が接続されることで、新たなビッグデータの世界が生まれた。スマートフォンやタブレットパソコン普及が、この動きに拍車をかけている。 工場の生産工程で発生する…