防爆関連機器、重要性高まる 海外工場の立地増で需要が拡大 「防爆ネットワークソリューション」の構築進む

2014年9月17日

石油化学や鉄鋼プラント、食品・薬品・医薬品の製造現場などの爆発危険領域において、工場の安全を図る防爆関連機器の重要性が高まっている。プラントや施設の新設・更新需要、老朽化に伴うリニューアル需要などもあり市場は拡大しているものの、国内に比べ海外で需要が伸びている。新たな防爆機器として、通信インフラの共有化を図れる防爆ネットワークソリューションや、防爆デジタルカメラなどのニーズも広がっている。水素ガスによる爆発事故が増加していることから、水素ガス雰囲気でも使用できる本質安全・耐圧防爆構造のタッチスイッチが発売されるなど、アプリケーションの面でも拡大を見せている。 防爆関連機器は、爆発危険領域の拡大…