相原電機 耐電トランス「SSTシリーズ」 誘導雷電圧1000分の1に低減

相原電機は、耐雷トランス「SSTシリーズ」を好評発売中である。

近年、地球温暖化などにより落雷事故が増加、FA機器をはじめ、あらゆる電子機器で被害が増加している。特に誘導雷は、近くの樹木などに落雷しても、建物の中の電子機器に被害を与える。

「SSTシリーズ」は、電解分布を分析し合理的に雷サージを低減するシステムで、誘導雷の電圧を1000分の1に低減する。

新型サージ保護デバイス(SPD)を採用し、60dBでサージ低減率を大幅にアップするとともに、小型化を実現した。さらに、従来のスタッド端子をブロック型端子に改良し、小型化とともに配線作業の効率化を図った。

単相で周波数は50/60ヘルツ対応。絶縁種別はB種。容量は500VAから3kVAまで5タイプ。電圧は一次電圧F110V―R100V/2次電圧100V、同F220V―R200V/同100V、同F220V―R200V/同200V。

なお同社では、商用周波の交流・直流リアクトルや、パワエレ機器に搭載される高周波回路用機器を供給。カスタマイズにも応えるなど、市場から高い評価を受けている。
(http://www.e‐aiharadenki.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG