アズビル 大規模事業所向けセキュリティシステムに「安否情報出力機能」を追加

アズビルは、大規模事業所向けセキュリティシステム「savic―net
FX2セキュリティ」に「安否情報出力機能」を追加した。価格は900万円から(工事費別)。savic―net
FXセキュリティシリーズとして年間100システムの販売を計画。

安否情報出力機能は、災害発生時に誰が事業所内に滞在しているかの在場者情報を本社などに送信することで、迅速かつ正確な従業員の安否確認を支援する。同社は、入退室履歴を活用した新機能を開発し、今年2月に中小規模事業所向けセキュリティシステム「savic―ssEZ」に追加したが、今回は大規模事業所向けを追加。

追加した「安否情報出力機能」は、savic―net
FX2セキュリティにより、一定周期および地震警報システムや自動火災報知設備からの災害信号受信を機に、システム内に保持している在場者リストのデータを、事前に設定した3カ所の他拠点にネットワーク経由で送信する。

災害発生時にネットワークが切断されても、一定周期の送信により最新の在場者を確認することができる。

また、現地での点呼確認に活用することも可能で、災害発生時に在場者がカードリーダで照合操作を行うことで、在場者リストに「確認済み」の情報を加えて一定周期で情報を送信。この情報により確認済みでない個人を特定でき、優先して安否確認するなどの対策指示を行うことが可能。

Savic―net
FX2セキュリティは、制御ゲート(扉)数1200、最大ユーザ登録10万人、ネットワーク対応型のセキュリティシステムとして2006年に販売開始以降、大規模オフィスビルやホテルなど400件以上に導入されている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG