ワゴジャパン コネクタ端子台「IMーM2081シリーズ」 プッシュインタイプを搭載

2014年7月23日

ワゴジャパンは、圧倒的な省スペース性で好評のコネクタ端子台に、プッシュインタイプの端子台を搭載した「IM―M2081シリーズ」のラインアップを拡充している。スリムな縦型取り付けタイプのほか、スタンダード横取り付けタイプにもプッシュインタイプを設定。ボタン付きのプッシュイン式端子台は最大0・75sqまでのフェルール圧着端子付き電線を差し込むだけで結線可能。

裸線の場合は0・2~1・25sqまで、プッシュボタン操作でワンタッチ・ダイレクト結線ができる。取り外しもボタン操作によりワンタッチで行える。

また、導通を確認できる試験穴も装備されている。定格電流は1極あたり1A。縦型タイプは一般的なネジ式と比べ約4分の1の横幅で飛躍的な省スペースを実現できる。横型タイプでも2分の1の省スペースで、スピーディーな結線作業と振動に強くゆるまないメンテナンスフリーを実現している。

さらに、センサ用の0・08~0・3sq極細電線をプッシュイン接続するためのフェルール端子と圧着工具も新たに用意しており、さらなる作業性向上の提案を図っている。
(http://www.wago.co.jp)
(紙上参加)