デジタル、ビックデータを活用。インターフェイス端末を発売

デジタル(大阪市住之江区南港東8―2―52、TEL06―6613―1101、安村義彦社長)は、生産現場とオフィスで発生するビックデータを活用し、生産効率の改善を図るためのインターフェイス端末「SP5000シリーズ」を発売した。参考標準価格は23万1000円~56万8000円。

近年、生産現場で取り扱われるビックデータを活用した工場スマート化の動きがあり、効率改善のため、ビッグデータを必要な場所で適切な形で提供し、生産現場とオフィスを安全にネットワーク化するというニーズが発生している。従来、生産現場とオフィスのネットワーク化を実現するには、大規模システムの導入や設備の刷新が必要だった。SP5000シリーズは、スマートポータルとして機能し、生産実績や装置データなどの情報と生産管理データなど、オフィス側で必要とされる情報のスマート化がローコストで構築できる。

最大1600万色のTFTカラー液晶とマルチタッチパネルを採用。6種類のディスプレイモジュールと、2種類のボックスモジュールの組み合わせで12パターンを用意。用途に合わせて選べる。タブレット感覚の操作にも対応する予定(プレミアムディスプレイ使用時)である。

また、モジュール構造とネジ不要の本体取り付け方式により、修理交換時などのメンテナンス性が向上した。

さらに、Windows上で作動するアプリケーションに対応しており、マニュアル確認やデータ分析など、オフィスで使っているアプリケーション・ソフトウェアが生産現場でも活用可能(オープンボックス使用時)。

そのほか、Ethernetポートを2ポート標準搭載、オフィスと工場のネットワークを2つのIPで物理的にセグメント化し、安全で管理しやすいネットワーク接続が構築できるなどの特徴を持つ。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る