富士電機機器制御 ワイヤレス押しボタンスイッチ2タイプ追加販売

富士電機機器制御(伊藤文夫社長)は、操作用スイッチ「Harmonyシリーズ」で、発電機能を内蔵し、ワイヤレスにより、押しボタンスイッチ(送信器)と受信器による遠隔操作ができるワイヤレス押しボタンスイッチに、「ローププルスイッチ」(希望価格1万2000円)と「マッシュルーム形押しボタンスイッチ」(同8800円)を追加発売した。

ローププルスイッチは、工場や倉庫建屋入り口の自動ドアやシャッター開閉用として最適で、ローププルスイッチと制御盤間の配線が不要。

固定の操作盤が設置できない生産ラインの吊り下げスイッチとして使える。

取り付け方法は吊り下げ式とねじ取り付け式で、IP66、およびNEMA4X対応のため、高い防塵性、防水性を有しており、搬入・搬出口などの設置に適している。

マッシュルーム形押しボタンスイッチは、取り付け穴はφ22で厚手作業手袋装着時でもφ40マッシュルーム形操作部で確実な操作が可能。IP65の高い防塵性、防水性を有している。

ワイヤレス押しボタンスイッチはバッテリー不要で、動作距離は最長100メートル(受信器が金属筐体内に設置される場合は最長25メートル)で使用できるため、ケーブル配線作業が不要で、ケーブル長計算や設置工数の削減に貢献する。

受信器はリレー出力品(2c接点)とトランジスタ出力品(PNP×4)の2種類があり、フレキシブルな組み合わせが可能。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る