低消費電力の無線通信「BLE」 FA分野でも関心高まる

2014年3月12日

低消費電力による無線通信「Bluetooth Low Energy」(BLE)がFA分野でも関心が高まってきた。従来のBluetoothよりも数分の1から数十分の1という低電力で無線通信でき、ボタン電池1つで機器が数年間稼働するという特徴から、BLE対応のLSIやアナライザなどが開発され、ヘルスケア分野ではすでに実用化されているが、今後、FA分野やオートモーティブ分野、スマートエナジー分野への実用化が期待されている。 BLEは、近距離無線規格Bluetoothの仕様策定団体「Bluetooth SIG」が策定した新しい無線規格。2006年にノキアが開発し、07年にBluetooth傘下となり、…