オムロン 小規模太陽光発電システム用のカラー表示器を発売

2014年2月26日

オムロンは、産業用小規模太陽光発電システムの発電量やエラー履歴を表示するカラー表示器「形KP―CM2F」=写真=を発売した。オープン価格。3年間の累計販売目標は1万台。 KP―CM2Fは、低圧連携が可能な50〓未満の小規模太陽光発電システム用のカラー表示器。4つの見える化コンセプトで、太陽光発電システムの管理をサポートする。 同社製パワーコンディショナが最大12台接続できる。全量買い取り制度に対応するため、情報表示にグラフィックを多用。直感的な操作を提供するユーザインタフェース(GUI)として、発電量をグラフなどでシンプルに表示する。 従来機種と同様、発電量の履歴を年単位/月単位/日単位で記録…