地震の揺れで電気の供給を自動的に遮断 河村電器産業がホーム分電盤発売

【名古屋】河村電器産業(愛知県瀬戸市暁町3―86、TEL0561―86―8111、水野一隆社長)は、地震の揺れが発生した時に家庭における電気の供給を自動的に遮断する「感震機能付きホーム分電盤・感震リレー」の各タイプを発売した。

地震により、家屋や家財道具が倒れると電線被覆が破れ、短絡事故が起きたり、倒れた電気製品の電源が入りっぱなしになったりする場合がある。感震機能付きホーム分電盤はこれらの電気火災(二次災害)を防ぐ。

分電盤と感震リレーで構成され、地震の場合、主幹漏電ブレーカが遮断、電気の供給をストップする。

動作方法は、震度5以上の揺れに、ランプとブザーで警報を発し、3分間の警報後、主幹ブレーカを遮断する。断続音の警報は、最後の30秒後に連続音となり、緊急避難を通知する。

警報発令後の3分以内にリセットスイッチを押すことで、警報と主幹ブレーカの遮断を停止できる。警報発令中に停電が発生した場合、復電時に主幹ブレーカを即時に遮断する。また、家屋崩壊の場合も即時に主幹ブレーカを遮断する。

enステーションタイプとスマートタイプがあり、それぞれリミッタースペース付き仕様と、リミッタースペースなし仕様がある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG