デュフズードザクタ 10メートル電波暗室増設 米沢試験所の機能強化

第三者試験認証機関、テュフズードザクタ(東京都新宿区西新宿4―33―4、TEL03―6853―7633、アンドレアス・シュタンゲ社長)は、米沢試験所(山形県米沢市)の機能を強化し、2つめの10メートル電波暗室を増設した。これにより、同試験所は東北地方最大規模のEMC(電磁的両立性)試験所となる。

米沢試験所は、すでに3メートル、10メートルの電波暗室があり情報・電気・電子機器や車載機器向けのEMC試験を行っている。2009年には、国内電波法登録証明機関として総務省から承認されている。

今回増設したのは、10メートル法電波暗室、無線機器用シールドルーム、SAR試験用シールドルーム、製品安全試験室、環境試験室、振動試験室。

新しい10メートル法電波暗室は、搬入口が幅・高さとも3メートル、ターンテーブルサイズ5メートル、最大耐荷重4トンで、大型機器の試験が可能。SAR試験設備は、電磁波が人体内部に吸収される場合の安全性を評価する。無線機器試験室の増設も行っており、より充実した試験サービスの提供が可能。

なお、同試験所は13年4月にIECから、CBTL(CB試験所)認定も取得し、海外市場に輸出する電子・電気機器、情報通信機器の安全試験と認証サポートを提供し、さらに同年秋からは、医療機器向け電気安全試験業務も開始している。

今回の試験所設備拡張により、試験サービス範囲が拡大、各種EMC・無線機器試験サービスから、製品安全試験までワンストップで提供できるようになった。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG