サンセイテクノス 浦野英幸代表取締役社長 「温故知新」で価値創造

当社は顧客が感動する商社像を目指すため、長期ビジョンに基づくテーマ「顧客感動」を2005年に設定、以後毎年サブテーマを設定し、顧客感動を成就させるための事業活動を行ってきた。

今年は4月から61期目に入る。人間で言えば還暦を迎え、新たな1年目となるが、当社もこれまで先人たちが築いてきた、60年の歩みを振り返り、先人たちの努力に感謝するとともに、次の段階に向け新しい価値創造を行うという意味を込め「温故知新」というサブテーマを設定した。

先輩社員は、新しい社員に貴重な経験や技術をしっかりと伝え、新しい社員はそれを受け止め、生かし、発展させ、次の後輩に語り継いでいってもらいたい。先人の経験と苦労などを学ぶことで、企業として一体感を醸成するとともに、一人一人の人間力の向上を図り、最終的に顧客感動につなげていって欲しい。

一方、市場環境であるが、アベノミクス効果などにより確実に明るさが見えてきた。FA市場全体も上向きであることに間違いはなく、我々専門技術商社が行動を起こすのに絶好のタイミングと言える。関東地区は五輪開催に合わせ、インフラ整備が進みそうだが、関西地区も津波対策の工事が実施されるなど、公共投資が見られるようになってきた。

社会インフラの整備は、絶対的ニーズとして潜んでおり、こうした案件を着実に掴んでいく必要がある。関西の経済を盛り上げるためにも、業界を挙げてチャレンジする気持ちを持つことが大事だろう。新しい目線・切り口でビジネスにチャレンジする動きも見られ、我々も顧客のニーズを的確にキャッチし、存在感を示していきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG