FA・制御機器流通業界 関西地区 インフラ整備ニーズ発掘へ

2014年1月29日

関西地区のFA流通は、昨年秋頃から確実に上昇傾向を示しており、明るさが見え出している。特に、小口を中心に受注案件が増えており、電子・制御機器の商社からは「潮目が変わってきた」という声が聞こえる。こうした背景には、FA市場に大きくかかわる半導体業界が、温度差はあるものの昨年から上昇傾向に推移、自動車業界も好調なことなどから、関西地区全体に徐々に好影響が浸透しつつある。 昨年の10月頃から増えている小口案件は、規模の小さい町工場などが中心で、関西のこうした小規模の工場は、工作機械の部品や自動車部品、半導体製造装置関連部品などを製造しており、これらの産業の下請けに当たる。こうした会社から、量は少ない…