日本ロボット工業会、製造科学技術センター、マイクロマシンセンター 津田会長「市場拡大など3項目重点に」

日本ロボット工業会、製造科学技術センター、マイクロマシンセンター及び技術研究組合NMEMS技術研究機構の3団体は9日、合同賀詞交歓会を東京プリンスホテルで開催した。

3団体を代表して挨拶に立った日本ロボット工業会津田純嗣会長は「2013年のロボット業界は前半厳しかったものの、後半受注が大幅に回復したことで、12年並みの生産になった。14年は、海外の景気改善や、国内での『生産性向上設備投資促進税制』などの効果で6000億円台の回復を見込んでいる。当工業会では『市場の拡大』『産学などの連携による研究開発』『国際標準化、国際協調・協力』の3点を重点項目として取り組む。製造科学技術センターは、3Dプリンターを中心とした新しいものづくり技術開発プロジェクトへの参画、マイクロマシンセンター及び技術研究組合NMEMS技術研究機構は、オープンイノベーションを支援するMNOIC活動の本格化などに取り組んでいく」と述べた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG