製品・技術展望 サーボモーター グローバルな地産地消加速

2014年1月8日

サーボモーター市場は、半導体製造装置や工作機械などの生産回復を受けて、急速に立ち上がりを見せている。 日本電機工業会(JEMA)は、2013年度の生産見通しを前年同期比103・2%の703億円で、上期は前年を下回るとしていた。しかし、上期の実際の生産は112・9%と2桁の増加となり、20ポイント近い大幅な伸びを見せた。これを支えたのは半導体製造装置や工作機械市場などの回復が大きいが、背景には為替が円安に振れ輸出が伸びたことが挙げられる。また、人件費上昇もあって中国などアジアの新興国で自動化投資を増やしており、ロボット向けなどの需要も大きく貢献している。 14年度もこの基調が継続するものと見られ…